シミに効果のある化粧品を探す5つの方法

シミに効果のある化粧品を探す5つの方法

朝、鏡を見て、これまでなかったはずのシミを発見し、思わず絶叫してしまった経験はないでしょうか?シミは、蓄積されたメラニンによって起こります。

また、年齢とともに、薄かったシミが、濃くなってしまったのを見てショックを受けることもあります。

「早く治したい!シミに効く化粧品って…?!」と焦る気持ちも分かりますが、シミには、様々な種類がありますので、自分のシミの原因を知り、自分に合った化粧品を探すことが第一です。今回は、あなたのシミに効果がある化粧品の探し方を紹介します。



 

 シミに効果のある化粧品を探す5つの方法

 

1.加齢タイプ

“年齢とともにシミが濃くなってきた”“シミの形が丸い”という人は、肝班タイプのシミの可能性があります。化粧品には、肝班タイプのシミに合うものがありますので、それを使うと改善されるようです。

また、肝班は、妊娠とともにできることもあります。これはホルモンバランスの変化によってできるとされているためです。なので、妊娠していなくても、ピルを服用していたり、ストレスを溜め込んでしまい、ホルモンのサイクルが乱れた時にも肝班タイプのシミができることがあります。

シミだからといって、紫外線ケア専用の化粧品を使っても改善されない場合は、肝班の可能性がありますので、専門家の診断などを受けてみることをオススメします。

 

2.乾燥タイプ

紫外線を浴びると、肌はメラニンを蓄積しますので、シミの原因となります。加えて、乾燥などの環境の変化によって更に悪化したり、シミが大きくなったりすることがあります。特に、秋~冬にかけては、乾燥の季節なので、注意が必要です。

この場合は、肌を乾燥から守る化粧品を選ぶと、シミが広がるのを防ぐことができます。保湿タイプの化粧品で、なおかつ刺激の少ないものを選びましょう。保湿することによって、肌年齢も変わってきます。

また、出来てしまったシミの部分には、美容成分の入った保湿クリームを重ねて塗るようにすると、シミ改善にもなります。最近では、クリームをシミで囲むように塗り、その中に美白成分の入った化粧水を塗り込むなど、効果的な“塗り方”にも注目が集まっています。

 

3.紫外線ケア

できてしまったシミをこれ以上大きくさせないようにする為には、紫外線ケアも必要です。よく、夏の日差しが強い期間だけ日焼け止めを塗る人がいますが、紫外線ケアは、夏だけしればいいというわけではありません。秋や冬も、私たちの肌は、紫外線を浴びています。肌が太陽の光にあたるところでは、紫外線ケアは必須です。

最近では、基礎化粧品に、日焼け止め効果のあるものも多いので、朝の準備に時間がない人などは、日焼け止め成分の含まれているファンデーションなどを使うと、毎日忘れずUVケアをすることができます。

 

4.美白効果

“美白成分”の含まれている化粧品は、日焼け記憶タイプのシミや、色素が沈着して起こるシミに有効です。美白成分として、化粧品に含まれる“ビタミンC誘導体”などが、シミを改善してくれます。シミを見つけた早い段階から使うと効果は出やすいようです。

最近では、動物の胎盤から抽出されたエキスを使ったプラセンタが、美白効果が出ると話題になっています。ですが、こちらは、合う、合わないがハッキリするようなので、プラセンタを取り扱っている皮膚科で相談したり、パッチテストをすることをオススメします。

また、そばかすで悩む人にとっても、美白成分の含まれている化粧品は効果があるとされています。気になる部分は、念入りに塗り込むといいでしょう。夏は、美白効果が高いものにUVケアが加わったもの、冬は、保湿効果が加わったものを選ぶなど、季節に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

5.隠しながらシミ改善

できてしまったシミは、人前に出る時は、なるべく隠したいですよね。デートの時、いい雰囲気の中、彼が近くに寄って顔をまじまじと見つめられて“あ、シミがある…”なんて思われたくないですよね。

コンシーラーには“隠す”だけではなく、ビタミンC誘導体などの美容成分が含まれているものもあります。隠しながらシミのケアまで出来ると一石二鳥ですよね。また、仕事柄、長時間化粧をしなくてはならない女性にとっても、化粧をしながら美白効果を発揮していると思えば、ストレスは減ります。

また、UV効果のあるコンシーラーも多いので、営業などで外回りが多い人にとっては、そちらも有効的です。用途によって、コンシーラーの種類を変えることで、効果的なシミケアができます。

 

いかがでしたか?

シミは、見つけた段階で、すぐ対策することが大切です。もちろん、今シミに悩んでおない人でも、記憶型のシミが今後出てきてしまう可能性もあります。日頃からシミ予防をすることが大切なので、“私の肌はシミとは無縁♪”なんて思わずに、しっかり対策することが大切です。

シミがあるだけで、他人から見た年齢は+10歳にもなると言われています。あなたに合った化粧品でしっかりシミ対策・シミケアをしてアンチエイジングに努めましょう!

 

まとめ

シミに効果のある化粧品を探す5つの方法

1.加齢タイプ
2.乾燥タイプ
3.紫外線ケア
4.美白効果
5.隠しながらシミ改善

“Happy Dreamer” Twitterをフォロー♪


ブックマーク/Twitter/Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*