ニキビが出来やすい人の化粧水を選ぶ時の3つのコツ

ニキビが出来やすい人の化粧水を選ぶ時の3つのコツ

環境の変化や、食べ物などによってすぐニキビが出来てしまう…という人はいないでしょうか?そんな人は、油っこいものを食べた時や、夜更かしをしてしまった次の日は、鏡を見るのが億劫になってしまいますよね。

朝、顔を洗う時、ふと鏡を見ると、昨日まで無かったはずの場所に、突然ニキビが出来ていたという経験をしたことがある人も少なくないはず。食生活などを見直すことももちろん大切ですが、意外にも、今使っている化粧水があなたに合っていないこともあります。では、どのようにして、“自分に合った”化粧水を選べばよいのでしょうか?今回は、そのコツをお伝えします!



 

ニキビが出来やすい人の化粧水を選ぶ時の3つのコツ

 

1.自分の肌を知る

“ニキビ=オイリー肌”だと思われている人が多くいますが、実は、それは間違いです。乾燥肌の人でも、ニキビが出来やすい人もいます。「ニキビが出来るってことは、脂性肌なんだ」と勘違いしてしまい、オイリー肌向けの化粧水を使っている、という人もいます。そんな人は、自分に合った化粧水を使っていないことで、逆に肌に負担が掛かってしまいます。なので、まずは自分の肌質を知ることが大切です。

また、「私、乾燥肌だから、保湿に気をつけなくちゃ…」「オイリー肌だから、いつもテカテカして困る…」というのも、女性同士ならよくある会話ですが、皆さん本当に自分の肌を知っているのでしょうか?冬になるとピリピリするから乾燥肌!と決めつけたりしていませんか?

最近、“鼻がテカリがちだからオイリー肌だと思っていたけど、他の部分は乾燥肌だった”というような“隠れ混合肌”の人が多くいます。

また、以前は、乾燥肌だった人が、体質や、環境、食べ物などの変化によって肌質が変わり、脂分が多くなることもあります。そういった場合、それまで使っていた、“乾燥肌向けの化粧水”などが合わなくなってきてしまいます。

“最近、肌質が変わったな、”と思う人は、化粧水を塗った後の肌の様子を見てみましょう。時間が経った後に、テカっている部分があれば、その部分は、オイリー肌な可能性があります。

エステサロンなどの、専門家に見てもらうのも一つの手です。フェイシャルエステなどは、施術の前に、肌チェックをしてくれます。そこで、自分の肌質を知ることもできます。自分で、自分の肌質が分からない、という人は、エステサロンなどを利用するとよいでしょう。

 

2.ニキビの種類を知る

肌質が分かったら、ある程度、自分に合った化粧水を絞ることができます。ですが、ここで気を付けたいのは、あなたの出来やすいニキビの種類です。ニキビには、大きく分け2つの種類があります。思春期に出来るニキビと、思春期以降に、ホルモンバランスの変化などによって起こる大人ニキビです。

思春期にできるニキビは、オイリー肌の場合が多く、皮脂の量を抑えるような化粧水が効果的です。使用感がさっぱりしたタイプのニキビケア専用の化粧水なども、思春期ニキビには合っています。

大人ニキビの場合は、1で触れた、“自分の肌質を知る”ことが重要になってきます。なぜなら、肌に含まれる水分量の変化によってニキビが起こることもあるからです。その場合、大切なのは、“保湿”になるので、化粧水を選ぶ際にも、気をつけなくてはなりません。

また、出来るニキビの色によっても、化粧水の選び方を変えていく必要があります。白いニキビは、毛穴に汚や皮脂が詰まり、炎症を起こしてしまっている状態ですので、脂を抑える働きのあるのもがよいでしょう。

逆に赤いニキビや、少し膿んでしまっている黄色いニキビの場合は、刺激のある化粧水は避けましょう。炎症を抑えるために、低刺激、かつなるべく薬用のもので炎症を抑えることを優先させましょう。赤いニキビなどは、治りにくい場合があるので、専門家のアドバイスのもと、化粧水を選ぶ方がベストかもしれません。

 

3.使っている洗顔フォームは?

ニキビケアにおいては、“自分に合った”洗顔フォーム選びも大変です。もし、“私のニキビにはこの洗顔料が合っている”というものがあるけど、自分に合った化粧水になかなか巡り合えない…という人は、使っている洗顔フォームに注目してみてみましょう。自分のニキビケアに適した洗顔フォームと化粧水を、同じメーカーでライン揃えすると、失敗することはあまりありません。同じメーカーに揃えることで、既に洗顔フォームでパッチテストをしているようなものなので、肌が荒れてしまう可能性も低くなります。

同じ要領で、一度使って合わなかった洗顔フォームのメーカーを避ける、というのも、化粧水選びのコツとなります。“このメーカーの洗顔フォームは合わなかったけど、化粧水は合っている”という場合は、なかなかないからです。それよりは、一度使って、あなたの肌質やニキビに合っていた洗顔フォームのメーカーを選らんだ方が、確実ですよね。

 

いかがでしたか?

ニキビが出来やすい人は、自分に合っていない化粧水を使っていると、肌の状態が、逆に悪くなってしまいます。まずは、これまでのケアを見直し、自分にニキビの種類に応じて、自分に合った化粧水を選びましょう。

 

まとめ

ニキビが出来やすい人の化粧水を選ぶ時の3つのコツ

1.自分の肌を知る
2.ニキビの種類を知る
3.使っている洗顔フォームは?

 

“Happy Dreamer” Twitterをフォロー♪


ブックマーク/Twitter/Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*