告白を失敗した時に挽回するための6つの方法

告白を失敗した時に挽回するための6つの方法

…撃沈。一生懸命、考えていた告白のイメージが。想像の中で、何回も成功したのに…。

本当なら、今頃幸せの絶頂の中だったはず。と、落ち込んでいるあなたへ。

告白を失敗しても挽回する道は必ずあるのです。



 

告白を失敗した時に挽回するための6つの方法

 

1.告白に成功も失敗もないというところから始めましょう

告白をしよう!と決意してから、たくさんの想いを胸に抱いてきたと思います。もしくは好きの気持ちが急にパン!と音を立てて、口が勝手に声に出して「好き」と伝えてしまうこともありますよね。

そして相手の反応があって、その行動になんらかの答えが出ている気がしてしまうと思います。

確かに「好き」と口に出すことは、想像以上に緊張します、ドキドキします。一世一代の大勝負、部活をしている人は大事な試合よりも、大きな仕事を任された時よりも、今までの人生の中でこんなに緊張することは無い!と思うほどの緊張がのしかかってくる様に感じることもあるでしょう。

なので、そんな経験を自分の人生に味あわせてくれた、そしてその為に、自分はこんなに頑張れるんだ!と気付かせてくれる、人を好きになる、人を好きになった!という前提の気持ちを忘れずにいましょう。相手の答えが理想と反していても、失敗ではないのです。

 

2.自信をなくす必要はありません

たくさんの気持ちで、自分の精いっぱいの感情で伝えたけれど、ダメだった・・・「やっぱり私(俺)はダメなんだ・・・」と自然と頑張った自分に追い打ちをかける、気持ちがあなたの心を邪魔していませんか・・・?もう自信ないや・・・と。

自信は、自分を信じることです。誰から貰うものでもありません。確かに誰かに愛されることが自信に繋がることはたくさんあります。でも、それは前提に自分が自分を信じているから、相手の好意が素直に受け入れられて、人から貰う自信に繋がっています。

まずは自分を信じることです。今あなたが自信をなくしているのなら、相手の好意に自分の自信と大きく関わっていると思い込んでいるからでしょう。あなたがあなたを信じていなければ、結果、その自信は簡単になくなってしまいます。頑張った自分を一番信じてあげましょう。

 

3.何度でも挑戦しましょう

そして、それでもやり残したこと、伝えきれていない想いがあるのなら、まだまだ頑張りましょう。雰囲気が悪かった・・・あの言葉が言えなかった・・・

その気持ちを無くす、押し込む必要は全くありません。一度、口に出してしまっているのですから!自分の理想、想像の思い描いたことが出来るまで挑戦することは誰にも辞めさせる権利はないのではないでしょうか?

 

4.色んな方法に挑戦しましょう

今回の告白が、あなたの理想なら、少し気持ちを落ち着かせて相手の理想を考えてみましょう。難しいことですよね?相手の理想を考えるって・・・。

でも、もしかしてあれが嫌だったのかな?あの場では答えにくかったかな?逢った方がよかったかな?とたくさん考えることは、そして行動に移すことは必ず相手に伝わります。

 

5.あなたの知っている相手の好きなところは?

告白をされた方に、少なからず湧く疑問・・・。「どうして?」です。

好きに理由は必要ない!なんて言いますけど、あなたが惹かれたきっかけはあると思います。でも「好き」って言われると、え・・・どうして?という気持ちになると思います。

そんな気持ちを解消することも一つの方法です。あの時のあの行動が素敵だった・・・あなたの話し方が好き・・・なんでも自分が惹かれた、好きになった、好きという感情が湧いたきっかけを話すことが距離も縮めてくれます。相手の自信にも繋がりますよ。

 

6.「あなたが好き」この気持ちを大切にしましょう

人は誰かを好きになって、その中に幸せにしたい・・・という素敵な感情が湧くものだと思います。

その気持ちを大切にすることが、あなたを・・・相手を幸せに出来ます。幸せになりたい!幸せにして欲しい!の気持ちで相手に関わることは、悪いことではありませんが、では、あなたは幸せにしてあげたい!幸せにする!という気持ちであなたを好きと言ってくれる人と、幸せになりたいんだ!幸せにしてよ!という気持ちで接してくる相手とどちらに想われたいですか?

幸せにしてあげたい!と想って好きという気持ちを伝えてくる人には、同じ気持ちの相手が自然と集まってくると思います。

あなたの「好き」がそれくらい大きな気持ちで生まれているものなら、きっと「幸せ」になれるのは近いでしょう。

 

いかがでしたか?

挽回という言葉とは少し、違う意味になっていると感じてしまうかもしれません・・・でも、挽回するためには今の気持ちを自分で前向きにするところから始めないと、先に行動はないのではないでしょうか?

大切な人、大好きな人に自分の気持ちを伝えるということは、簡単なことではないということは分かります。求めている結果が成功、と感じることももちろん分かります。

では、失敗・・・としてしまうとなかなか次の行動はありません、そしてなぜか自分を責めてしまうだけの結果になってしまう気がします。

そうじゃない!好きという気持ちを自分がどれだけ大切にしているか、自分の中でどれだけの大きな支え、勇気、自信に繋がることなのか、素敵なことなのか・・・ということに気付いて欲しいです。

 

まとめ

告白を失敗した時に挽回するための6つの方法

1.告白に成功も失敗もないというところから始めましょう
2.自信をなくす必要はありません
3.何度でも挑戦しましょう
4.色んな方法に挑戦しましょう
5.あなたの知っている相手の好きなところは?
6.「あなたが好き」この気持ちを大切にしましょう

 

“Happy Dreamer” Twitterをフォロー♪


ブックマーク/Twitter/Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*