復縁をしたい!そのための5つのきっかけ

復縁をしたい!そのための5つのきっかけ

別れてしまった恋人が忘れられない…気持ちを引きずっている時は、なかなか新しい恋愛に踏み切ることもできません。「あの時、こうしたら良かった」など後悔に悩む日々…。

できることなら元カレ、元カノとよりを戻したい!そんなあなたに、復縁のきっかけを作る5つの方法を教えます!



 

復縁をしたい!そのための5つのきっかけ

 

1.LINE

別れても、よほどのことがない限りは、お互いをブロックしたり、削除したりすることはないはず。LINEには、直接連絡を取らなくとも、タイムラインの更新などで自分の近況を相手に見てもらうことができます。別れて落ち込んでいることを知らせたかったら、そういった内容をタイムラインに載せることで、相手もあなたの気持ちを間接的に知ることができます。また、彼だけにタイムラインを表示したい場合は、少し面倒ですが、”設定”から公開範囲を変え、彼のみに表示することもできます。

別れて綺麗にダイエットに成功したり、綺麗になる努力をして成功した人は、プロフィールの写真を変えると、効果抜群です。「可愛くなったね!」と相手から、連絡が来るかもしれません。

 

2.Facebook

LINE同様、相手や自分の近況を知ることができるのですが、Facebookは、別れてしまうと“友達リスト”から外すのが一般的なようです。もし、そうなった場合は、元カレや元カノとの共通の友達に協力してもらいましょう。方法は簡単です。一緒に撮った写真などに自分をタグ付けしてもらうのです。その際は、なるべくいい写真を選んでもらいましょう(笑)別れた相手は、嫌でもあなたの“今”を知ることになります。もし、あなたが、別れた時よりも可愛くなっていたり、かっこよくなっていたとしたら…相手もきっと気になりますよね。

 

3.借りていたものを返す

これは、直接会って話すきっかけになるので、復縁率も高くなります。会って話がしたい時、何でもいいのです、「○○を返したい」と言って、会うきっかけを作ってみましょう。会う時間は、雰囲気が出る夜の方が、よいでしょう。話が上手な人なら、「どうせなら、どっかでご飯でも食べながら話でもしようか」と、ディナーやデートに誘えるといいですね。ここで、相手もよりを戻すことを考えていたのであれば、すんなり復縁できるはずです。

また、相手が会うことを拒んだとしても、あなたの気持ちを書いた手紙を添えてポストに入れておくだけでも気持ちは伝わるはずです。手紙は、気持ちを全て伝えると長くなってしまうので、シンプルに、かつ相手の心が揺らぐような内容を考えましょう。

 

4.相手の誕生日

「メールを送りたいけど、何を話題にしたらいいか分からない…」という人は、相手の誕生日が近ければその時に連絡を取ってみましょう。ただ、“誕生日おめでとう!素敵な1年を!”などだけでは友達が送るメールとは何も変わりありませんので、義理で送ってくれたのかな…と勘違いされスルーされてしまうかもしれません。「誕生日おめでとう」の後には、相手が返事をしやすい内容のメッセージを付け足しましょう。また、送るタイミングも、なるべくは0時ちょうどにすると、あなたの相手を思う気持ちが伝わりやすくなります。

 

5.間違い電話

相手とやり直したい…でも自分からきっかけなんて作れない!というツンデレさん向けな方法がコレです。スマートフォンを使っている人は、ロックせずカバンの中にスマートフォンを入れてしまい、勝手に操作されていて間違い電話がされてしまう、ということもよくありますので、相手も違和感を感じないはず。また、相手もいきなり電話が来て、ドキッとするでしょう。

電話が繋がったら、「あれ?間違えて電話が掛けられていたみたい、携帯変えたばかりで…」という始まりから、「最近元気にしてた?」と自然な会話に持ち込みましょう。相手も、あなたが意図せずかけていると思っているので、構えずに話ができます。

 

いかがでしたか?

「元カレとやり直したいけど、相手はどう思っているんだろう…」、「すでに好きな人がいたらどうしよう…」悩む前にまずは行動からです!勇気を出して相手と接するきっかけを作りましょう!

 

まとめ

復縁をしたい!そのための5つのきっかけ

1.LINE
2.Facebook
3.借りていたものを返す
4.相手の誕生日
5.間違い電話

 

“Happy Dreamer” Twitterをフォロー♪


ブックマーク/Twitter/Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*