恋愛の格言で「なるほど!」と思う5つのもの

恋愛の格言で「なるほど!」と思う5つのもの

恋をすると、同じく恋をしている友達と互いの気持ちを話して「その気持ち分かる~!」と共感したり、歌詞や詩、本などの言葉に共感したりする経験は誰しもあるはず。

言葉やフレーズに“共感”できると、“こう思っているのは自分だけじゃない”と思い、“頑張ろう!”という気持ちになったりしますよね。今回は、あなたを「なるほど!」と思わせる恋愛の格言を紹介します。



 

 恋愛の格言で「なるほど!」と思う5つのもの

 

1.女性が男性を自由にするということは、それ自体は害悪ではない。

“女性が男性を自由にするということは、それ自体は害悪ではない。これは女性が人類の幸福の為に自然から享けた賜物である”

「男って自由すぎる!」とカッとなった時になんとなく、怒りが治まる言葉ではないでしょうか?実はコレ、ジュネーヴの有名な哲学者、ルソーの言葉なんです。ルソーといえば学校の社会科で習った「社会契約論」というイメージで、あまり恋愛との結びつきを想像しませんが、実はルソーの恋愛歴は意外にも波乱万丈です。

ルソーは、20歳の時、男爵夫人の愛人となります。その元で教育を受け、知識を身につけますが、この頃には社会的な思想とともに、恋愛面での悟りさえ開いていたのではないでしょうか?この後ルソーは、自分の女中を愛人にしたりするなど、かなり自由な恋愛を繰り広げます。そんなルソーが言った言葉が、この“男は知っていることをしゃべり、女は人に喜ばれることをしゃべる”ですが、背景を知ると、「なるほど」という気持ちは薄れてしまうかもしれませんね。

 

2.何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから

「好きだけど相手にアプローチする勇気がない…」「もし頑張っても振られたらどうしよう…」そう悩む人にガツンと来るのではないでしょうか?これは明石家さんまさんの言葉です。明石家さんは、いつも冗談を言ったり、おちゃらけているイメージがありますが、実は恋愛の達人でもあります。自分の気持ちに正直に動いているからこそ、相手もさんまさんに魅力を感じるのかもしれませんね。

 

3.われわれを恋愛から救うものは、理性よりもむしろ多忙である。

意外と思われるかもしれませんが、これはあの「羅生門」などを書いた有名な小説家、芥川龍之介が残した格言です。失恋した時や、恋愛で落ち込んでいる時、仕事や勉強で忙しくしていると、恋愛のことを考えなくて済むので、一段落した頃になって落ち着いて考えることができますよね。

失恋の一番の薬は時間であるとも聞きますが、その時間が“多忙”である方が、心の傷は浅くて済むのかもしれません。

「彼からの連絡を待っている間が一番辛い…」恋愛中、そう苦しむ女性が多くいますが、新しく自分が夢中になれる趣味などに専念し、自分を忙しくすることで、その辛い気持ちから逃れることができるのかもしれません。

 

4.愛とは信頼。人を愛するときは完全に信じることよ。

これは20世紀のセックスシンボルと言われたマリリン・モンローの言葉。派手な恋愛が好きかと思えば、意外にもピュアな一面を感じますよね。

恋愛を重ねていく中で、大きな嘘をつかれたり、裏切られたりして、心にトラウマを作ってしまった経験がある人は、いつの間にか、相手を“信じないように”自分の気持ちをセーブしてしまっていることがあります。そうすると、大好きな相手なのに、いつも疑いの目で見てしまったり、“また裏切られるんだろうな”とネガティブな気持ちになってしまったりすることも…。そうなってしまっては、楽しいはずの恋愛も、苦しくなってしまいます。相手を信じることは、自分が幸せと思える恋愛をする上では一番大切なことなのかもしれません。

 

5.愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。

“愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではない。”誰もが知る、ココ・シャネルが残した言葉です。

彼と別れを悩んでいる女性が、ハッとするような言葉です。女性は、恋愛すると、どうしても“追いかける側”になりがちです。「彼からの愛情を感じない…このまま付き合っていても意味があるのかな…」そう感じた時は、あなたから立ち去る時なのかもしれません。恋愛をキレイに終わらせることも、あなたの女性としての価値を高めてくれるでしょう。

ココ・シャネルは、他にも、“恋の終わりは、自分から立ち去ること。”という言葉を残していますが、後ろを返り見ずに、男性を振っていく姿にスカッとするカッコ良ささえ感じます。この言葉のようにあなたが颯爽と立ち去っていく姿を見て、逆に追いかけてくる男性もいるかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

偉人の発する言葉には、重みがあり、思わず納得してしまうのではないでしょうか?

格言に共感することもあれば、大切な何かに気付かされ、自分の進むべき道や取るべき行動が見えてくることもあります!

 

まとめ

恋愛の格言で「なるほど!」と思う5つのもの

1.女性が男性を自由にするということは、それ自体は害悪ではない。
2.何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから
3.われわれを恋愛から救うものは、理性よりもむしろ多忙である。
4.愛とは信頼。人を愛するときは完全に信じることよ。
5.愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。

 

“Happy Dreamer” Twitterをフォロー♪


ブックマーク/Twitter/Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*