気をつけて!告白が失敗しやすい5つの原因

気をつけて!告白が失敗しやすい5つの原因

恋をするというのは素敵なことですが、いつもそれが叶うというわけではありません。つのる思いを伝えたくて思い切って告白をしても、必ずしもうまくいくとは限りません。うまくいかなくても仕方がないと諦める人も多くいるのですが、知っていますか?告白が失敗しやすい原因があることを。

つまりその原因を意識して、告白をすることによって成功率を上げることも可能なのです。絶対にかなえたいという思いがあるのなら、知っておくべき告白が失敗しやすい原因をここで紹介します。



 

 気をつけて!告白が失敗しやすい5つの原因

 

その1.相手の気持ちの確認不足

好きな人ができると、ネガティブになる人もいますが、告白を失敗する人に多いのは、相手の気持ちを考えられていないという傾向です。自分がこんなに相手のことを好きなのだから、相手も自分のことが好きだろうという勘違いを起こしてしまって告白に至ってしまうというパターンです。

恋愛というのは相互の気持ちが重なって初めて成立するものですから、自分が相手の好意をきちんと勝ち得ているかどうかということを、考えると良いでしょう。たとえば、友達と自分では好きな相手からの扱いが違うなど、自分に対して相手が他の人以上に好意をもって接してくれているということを確かめられるようによく観察しましょう。

相手の好意が良く感じられるような関係なら、より自信をもって告白することが出来るでしょう。

 

その2.自分の気持ちのコントロール不足

こちらも告白を早まってしまうタイプの人です。相手に対する「好き」の気持ちが大きすぎて、我慢ができなくなって告白するという人ですが、たいていの場合は失敗してしまいます。このパターンは、一目ぼれなど、出会ってから間もない告白のことが多いので、お互いにまだよく知り合えてないことがあります。

その状態で思い余って告白しても、気持ちが重すぎて逆に引かれてしまう可能性すらあります。ですから、成就させたい恋なら自分の気持ちをきちんとコントロールする必要があるでしょう。自分の思いが独りよがりのものにならないように、大切にしましょう。そしていきなり「付き合ってください」という言葉にしてしまうのではなく、相手に好意を持っているということをまず行動で示していきましょう。

そのようにして、徐々に相手との距離を縮めてから告白するほうが、はるかにうまくいく可能性が高くなります。

 

その3.「友達から…」など控えめな発言をする

これは自分に自信が無い人が陥りやすいパターンです。今すぐじゃなくても良いとか、まずお友達からなどという発言をすると、より相手から異性として見られなくなってしまう事もあります。特に「友達」というワードには要注意です。

告白という行為は相手と恋人同士になりたい、という気持ちからするもので、本来、男女の関係を申し込むものです。ですが、そこで控えめに友達申請をしてしまうと、男女の関係に至るまでにワンクッションわざわざおいてしまう事になります。

ですから、告白する際には、自分のことを異性として見てください!という気持ちをきちんと表現するべきです。そうでないと、あなたの本気の気持ちが伝わりにくくなってしまいます。

 

その4.告白失敗時の対策を練ってしまう

好きだから、告白したいけれど、もし失敗して気まずくなってしまったらいやだ…という気持ちから、告白失敗した時のために対策を練ってしまう人がいます。例えば、好きです、と伝えて相手の反応が思わしくなかった時に、「やだなぁ、冗談だよ!」や「なんてね…。うそだよー」といったことでごまかしてしまうのです。

なんとなく気まずくなるのが嫌でとか、完全に降られてしまうのが嫌で、という気持ちから、こういうことをしてしまう人は意外と多いようですが、これでは逆効果なのです。多くの場合、相手の言葉をさえぎってこうしたセリフを言ってしまうと、相手の本当の気持ちが効けなくなってしまいます。

また、冗談といったことを言うことで、あなたの気持ちが本気であることが伝わりません。そういう軽い気持ちでという「好き」という言葉を口にする人なのだという、悪い印象を与えてしまう事もあります。ですから、逃げ道を作らず本気でぶつかるほうが良いのです。

 

その5.タイミングを間違う

恋はタイミングとは、よく言ったものですが、これは本当に大切です。同じシチュエーション、また同じセリフで告白したとしても日がとか時間が違うだけでうまくいったり、いかなかったりするのが恋愛なのです。ですから告白のタイミングはほんとうに良く選ばなければなりません。

例えば、相手が元恋人と別れてすぐや、仕事で失敗して落ち込んでいる時というタイミングで告白してうまくいくということは少ないでしょう。もちろん弱っている時に優しくされるのは嬉しいことですが、告白となるとまた別問題です。相手が弱りすぎていて、あなたの気持ちを受け止めきれず逆にストレスを与えてしまうということもあります。

ですから、きちんと相手のライフスタイルを見て、恋愛を真剣に考える余裕がある時に告白するほうがあなたの誠実さを示すことが出来るでしょう。

 

いかがでしたか?

今まで告白で失敗経験がある人は、自分に当てはまるものがあったでしょうか?どうせ恋をするなら叶えたいですよね!好きという気持ちを大切に素敵な恋を実らせることが出来るよう、参考にしてみてください!

 

まとめ

気をつけて!告白が失敗しやすい5つの原因

その1.相手の気持ちの確認不足
その2.自分の気持ちのコントロール不足
その3.「友達から…」など控えめな発言をする
その4.告白失敗時の対策を練ってしまう
その5.タイミングを間違う

 

“Happy Dreamer” Twitterをフォロー♪


ブックマーク/Twitter/Facebook でこの記事をみんなに知らせよう!

Speak Your Mind

*